続アリンコ地獄。
アキリーズのキャタピラ制作記です(笑)
このキットにはベルト式のT-49型と組み立て式のT-51型が付属しております。
おまけにダックビルも付いています。
数少ない資料の写真しか持っていませんが、T-49を履いた車両が見当たらなかったので組み立て式の方を選びました。

c0034902_16182552.jpg以前制作していた1/700ミズーリの機関砲を思い出させるアリンコ群。名称が解りませんが、真ん中の鋼板を両サイドのガイドで挟み込む形式です。このガイドが小さいのであります。今回はランナーに付いている状態の時に缶スプレーのブラックを吹いてあります。これが後でやっかいなことに。

c0034902_16185271.jpg真ん中の鋼板と両サイドガイドがかなりタイトだったのですねぇ。塗料が乗っているせいもあるかもしれませんが。当初は鋼板部分を全部一列に並べて一気にサイドを装着しようと思っていたのですが。きつくて無理でした。なのでひとまず、10枚づつ作っていきました。もちろん、接着剤は使用しておりません。半可動キャタピラです(爆)

c0034902_16193875.jpgこのキャタピラで注意しなければならないのが、鋼板部分のピンを折らない様にすることです。私はやっちまいました(苦笑)仕方なく、折れた部分にピンバイスで穴を開けて真鍮線を差込んで修正しました。予備のキャタピラが一枚しかないのですな。破損したのは2枚。トホホです。

c0034902_16195716.jpg分割したものを一枚に繋げて、車体の後ろから挿入。写真が巻きつけたところです。継ぎ足しを考慮して、繋いだ枚数が82枚。トータルで84枚を想定していたのですが、最後に一枚追加して、合計83枚で収まりました。強度を考えると流し込みタイプの接着剤でサイドのガイドを固定した方がいいのかもしれません。もちろん上部の車体側は無理ですけど(苦笑)


解りにくいかもしれませんが、こんな感じです。
反省点としては、接着剤が不要ということが解っていたら、全部繋いでから塗装したほうがよかったのかと。
ま、それも後の祭りではありますが(苦笑)

ようやく半分の履帯の装着が終ったところ。
後、半分。
溜め息がでます。
が、これはこれで面白いかと。
なんでも前向きに考えて制作しないといけません(笑)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-10-06 17:03 | AFV
<< セラムでフィギュア~。 室内は疵だらけ。 >>