セラムでフィギュア~。
製作中のアキリーズの方がちょいと倦怠期に突入しております。
なので。
そのアキリーズに搭乗予定のフィギュアの塗装で気分転換なのであります。
予ねてよりセラムコートで塗装してみようと手ぐすねを引いておりました。
さて、使ってみたその使用感は。
c0034902_2315444.jpgさて、今回使用を予定しているフィギュアはTAKAHASHI MODELLINGのもの。
このフィギュアはホワイトメタル?製なので加工がし辛いのでポーズはそのまま。
なので、あまりにも不自然ならばキャンセルするかもしれません。
が、とても素性がいいのでここは一先ず、セラムの練習用も兼ねまして。
まずはサフ吹きでございます。

c0034902_2371069.jpg今回はセラムのみで塗装します。
今までの私の定番のやり方で進めました。
下地色を塗った後、お目目を書き込みます。
瞳を描きこまない時もありますが、今回は有りで。
目ははみ出すくらい大きく書きます。
後で周りを描きこんでいくので気にしません。
とは言え、この段階でバランスを見ておかないと、後で周りを描きこんでも、なんだか変な目になるので注意が必要かと。
う~ん。お目目ぱっちりで可愛いですなぁ(爆)

c0034902_2442498.jpgで、いきなりですが、こんな感じでほぼ完成。
ほんといきなりで申し訳ありません(苦笑)
写真を撮りながらって言うのは、中々難しいのであります。
何せいろんな色を混ぜ混ぜしながら、ですから。
写真も下向きでちょいと解りづらいですなぁ。
ま、完成した時にまたアップします。
ちょっと優男になりすぎたようで。(笑)
もう少し修正するかもしれません。


さて、使用感なのですが。
はっきり言って、これはええ~。
虜になりそうな予感が致します(笑)
なんで、もっと早くに使わなかったのかなぁ。
伸びも良いですし、つや消し感は抜群ですね。
何しろ、ほんとに水だけでいいのですからねぇ。
フィギュアの塗装の定番にしようかと思います。
ウエザリングやドライブラシでも使えるかもしれませんね。
とは言え、まだまだ経験を重ねなければなりません。
ブレンディングの腕を磨くには数をこなすのが一番ですから。
今後、いろんなやり方を試してみます。
楽しみが増えました。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-10-11 02:58 | AFV
<< こってり味でしょっぱい、失敗。 続アリンコ地獄。 >>