遅れてきた、頭でっかちの猛獣ハンター。 ~田宮模型1/35M26パーシング~
c0034902_1018529.jpgようやく、次の製作開始であります。
黄色もいいけど、緑もねってことで。
このキット、皆様周知のとおりサスが可動するギミックがついいてます。
ネジやらバネやらがごちゃごちゃと。
なんだか昔つくったF1カーを思い出しましたよ。

c0034902_1019132.jpgで、御覧のとおり。
何の苦労も無く、あっさりと車体下部の出来上がり。
定番の転輪ゴム部に疵をつけるのに、少々の時間がかかった位であります。
重宝してます、浦和さんちのグラインダー(笑)
このサス可動のギミックですが、キャタピラ脱落装置?みたいなものまで再現してあります。
そこまでいるのかなぁ。
しかし、勉強にはなりました。
う~ん、男らしい足回りですな。

さて、お話しを少し脱線しまして。
戦車のネーミング。
これまたモデラーの方々には、周知のことと思いますが。
お国によって、様々ですよね。
例外もありますが。
ドイツの主力戦車や自走砲は殆んどが動物。
アメリカの主力戦車は、人名で自走砲系は動物か形容詞。
日本やロシア、中国等は単純に数字。
一番好きなイギリスはと言うと、人名や形容詞?入り乱れておりますね。
しかし、その殆んどが頭文字”C”なのであります。
その理由は。
昔、何処かで読んだ様な記憶があるのですが、思い出せません。

戦車のネーミングが国によって違うのも、民族性の違いからなのでしょうか。
面白いですね。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-04-25 10:45 | AFV
<< 決意表明。みたいなぁ(爆) ”想い”1943 夏 クルスク... >>