2005年 03月 13日 ( 2 )
病み上がり決死隊。その弐。

さて、お次はトミー君であります。
いや、ほんとにフィギアはしんどいですね。
よくも皆さんこんなに小さいものを巧みに作れるものだと感心してしまいます。
私なんぞ、まだまだ詰めが甘く、雑な仕事をしておりますが。
究極の自己満足主義を貫いております(笑)
装備品と衣類の隙間はやはりぴったりさせて無くさなければおかしいのでしょうねぇ。
しかし、このイギリス軍のズボンのお尻の部分はセンターに縫い目があるタイプなのでしょうか?
普通、あるとは思うのですがね。
それからショベルを背中に背負っているのですけど、その留め方がよく解らないのです。
つるはしは箱絵で解ったのですけど。
苦しいけど楽しいフィギア制作であります。
塗装はもっと苦しくなりそうですが(笑)

熱も下がり、ようやく食べ物の味も解るようになってまいりました。
早く完璧な身体に戻りたいものです。
あ~、本屋にArmorModeling買いにいきてぇ~。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-13 17:02 | AFV
病み上がり決死隊?その壱。
c0034902_16371393.jpg
さて、まだまだ本調子ではありませんが、このままおめおめともしておられません。
病気療養のため少々仕事をサボらせて頂いております。
それを逆手にとり模型作りに励みましょう。
って、おいおい。
でもね、寝てばかりでは飽きるのですよ。
ほんとに。
で、少しだけ進めてみました。
まずはⅢ突であります。
今回は下地にマットブラックを吹いてみました。
全体にではありません。
車体下部と上面に少々。
のちのち明度が落ちるかもしれませんが、実験的にやってみます。
この後、暗めに調合したジャーマングレイにグリーンを少々加えたものを全体に塗布して。
車体下部にブラウン系を吹いた後に明るめのジャーマングレイをと考えております。
さて、自分のイメージどおりに行きますか。
これがまた楽しいのでありますね。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-13 16:46 | AFV