2005年 03月 16日 ( 1 )
終戦のローレライ。
本日はちと本のお話しでも。
ようやく読み終えました、「終戦のローレライ」。
多分にSF的なお話しですな。
映画監督に、映画化を前提として「太平洋戦争」と「潜水艦」と「少女」というお題で執筆を依頼され、2年も掛かってようやく執筆できたという小説。
しかし所謂、戦記"if"みたいな陳腐な嘘っぱち小説ではありません。
それに、戦争高揚小説でもないし、戦争ラブロマンスでもないし、もちろん反戦小説でもありません。
戦争とは悲惨なもの。
それは小説の中でもいやと言うほど描写されています。
この福井氏の「亡国のイージス」と同じ主題。
人は何の為に生き、何の為の死ぬのか。
そして国と個人というものの考え方。
国粋主義というものでも右翼的な思想というものでもなくて今の日本人が忘れている純粋に国家という意識。
国を愛するという意識。
家族を愛するという意識。
日本人という意識の再確認的な小説だと捉えました。
戦争を始めるのに本当の大義など有りはしません。
ただ、理由はあるはずです。
私は闇雲な反戦論者ではありません。
もちろん国粋主義でも右翼的思想の持ち主でもありせん。
先の大戦を始めた日本にも理由はあったわけです。
最初から好き好んで戦争を始めたわけでもありません。
根本的にはドイツとは戦争を始めた理由が違うのです。
これは歴史上の事実です。
資料は山のようにあります。
勉強すれば解ることです。
世界の常識から桁外れたこの国の国家意識というものを警告したかったお話しでしょうか。
言いすぎかなぁ。

私は模型を制作するに当たって、ことさら自分が作っているのは戦争の道具なんだと、後ろめたい気持ちになったことはありません。
人や物を破壊する兵器。
だからこそ究極の道具だと思います。
御幣があるかもしれませんが、究極の工業デザイン的な美しさがあると思います。
戦車や戦闘機、戦艦自体が人や物を破壊するのではありません。
忘れてはいけないのはそれを使う”人”こそがそれらを破壊するということです。
世の中から兵器や武器が無くなったとしても、”人”は人や物を破壊することを止めるのでしょうか。
人種や民族や宗教の違いでいがみ合うことが無くなるのでしょうか。
恐らく無くなる事はないでしょう。
日本人はそのあたりの意識がかなり薄いと思います。
というか、理解できない部分なのかもしれません。

模型は純粋に楽しめばいいと思います。
そこにどのような思いを込めるのかは人それぞれ。

あ、なんだか話の本題が横道に(汗)
ただ、私は先の大戦で亡くなられた多くの方々に後ろ指を指したり、唾を吐きかける様な行為をすることはしません。
この国の為に私達の為に亡くなられた方々、そしてそれぞれの国の為に亡くなられた方々に敬意を表します。
我が国では国に殉じた方々は皆、その国籍を問わず英霊になるというのは昔から決まっていたことのひとつです。

映画に関しては、”パウラ”が唄う歌が「椰子の実」ではないということで観る価値は半減ですね。
「椰子の実」はこのお話しの鍵でしょう。
少なくとも私はそう思います。
配役の設定や話の内容が変わるのは仕方ないとしても、あの歌を変えてしまっては根本的な意味が変わるような気がします。
所詮は単なるエンタメ映画ですか。
残念。

最後に・・・
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-16 13:56 | 読書なお話し