<   2005年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
プラモデル。
さて、相変わらずお仕事中でございます。
全然、模型に触れません(泣)
モチベーションが下がるのが心配なイージスであります。

ちょっと一服。
ご存知の方も居られるかもしれませんが。
ネットで最大のフリー百科事典とも言われる、『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般の方からの情報や薀蓄まで自由に投稿でき、現在も日々進化し肥大しております。
その内容が100パーセント真実なのか?
と、問われると絶対にとは言えないのかもしれません。
でも、ひとつの事例が挙がったらその事例に対していろいろな見解やら、これが真実だみたいなことが次々と表れるのでかなり信憑性は高いと思われます。
そんな「ウィキペディア」で「プラモデル」を検索してみると。
これが中々、面白うございました。

プラモデルが商標だというのは以前から知ってはいましたが、その商標を現在では日本プラモデル工業協同組合が所有しているのは知りませんでした。
昔は一時期、その商標で権利の問題が派生して、これからは「プラホビー」と呼びましょうみたいな運動があったように記憶しております。
それがいつのまにやら、ウヤムヤになり、最近またプラモデルと読んでいるのはそのような経緯があったのですね。
もともとマルサンと言う会社が1959年に商標登録したものですが、商標権はのちに日本プラスチックモデル工業協同組合に移譲されたそうです。
現在はバンダイと青島文化教材社が使用しています。

その他、なかなか面白いことが記載されておりますよ。
モデラーの方々からすれば周知事実的なことばかりなのですが、模型を全然知らない方の目からみれば興味深いのではないでしょうか。
作り方、楽しみ方から始まり、コピー商品のこととか、歴史に素材や分野まで。
ま、ここで私が四の五の言うよりも、お暇がある時に一度、覗いて見てください。

そのプラモデルの定義の序文にある解説を載せておきます。

”プラモデル製作を趣味とする人のことをモデラー、それを職業とする人をプロモデラーと呼ぶことがある。また、制作意図が無いにも関わらず収拾をその主な目的とし、金に糸目を付けずに希少価値のあるキットを収拾する人を揶揄してコレクターといい、製作するつもりで購入するが、そのペースに製作ペースが追いつかない人が、自らを自虐的にストッカーと呼ぶ場合もある。”

だそうです。
私もストッカーからの脱却を目指して、頑張るぞ~。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-26 13:10 | 雑記・雑感
まだまだ、仕事中。
さて、ず~っと缶詰状態が続いております。
本日は家に帰れるのかナァ。
模型を作れない欲求不満の解消に、ちょいとblogでも弄ってみました。
なかなか面白いですな。
え?
何処も変わってない?
そんなことは御座いません。
ほんのちょっぴり味付けをしましたよ。(笑)
気に入って頂ければ幸いです。
ん?
イメージの色では無い?
う~ん。
リクエストにもお答えしますか。




ベッドで寝たい、イージスでした。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-25 14:43 | 雑記・雑感
仕事中。
はい。
未だ仕事中でございます。
本日は帰宅も出来ず、缶詰状態。
はぁ。
てなことで制作も出来ません。
今週中は久方ぶりに制作は無理なようです。
折角、いい感じで制作意欲が湧いていたのに残念です。
まぁ、たまには休憩もとらねばということで。
あまり根をつめてやると、モチベーションも下がるし、丁度いい休憩ということにしておきます。

どうでもええけど、ちと眠いです。
では、では。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-25 03:50 | 雑記・雑感
微速前進中。

さくっと作るつもりが面白くてちょっと遊んでおります。
いや、楽しいですねぇ。
雑な仕事ですが。(汗)

やはりいいですね、B型。
G型などの後期のものも格好よくていいのですが、大戦初期から前期のものが好みです。
この後は鎖付けたり、お尻の方も少し遊んでから塗装に入ろうかなと考えておりやす。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-24 01:28 | AFV
お宝?
c0034902_0505570.jpg

c0034902_051513.jpg

怒涛の更新で御馴染みのいたろさんちのblogでちょっと前に話題になっていたフランスもの。
そう言えばストックのなんかあったなぁ、と探してみれば。
ありました。
こんなん出ましたけど~。

いや、懐かしいです。
何時買ったのか全然記憶に無いほど昔です。
ルノーの方には鎖もちゃんと入っております。
おまけにR-35とR-39のコンパチですな。
ソミュアの方にはドイツ軍のデカールも。

さて、これを料理出来るのは何時の日でしょう?
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-23 00:58 | AFV
オーバースケール。


いつも代わり映えしない写真で申し訳ありません。
でも、少しづつ進んではいるのです。
ミズーリのマスキングは停滞しておりますが(笑)
やはり、戦車の方が好きなもので。

相変わらずな雑な仕事でお恥ずかしいですが。
砲身のボルトなんぞ付けてみたりしましたが、どうもオーバースケールですな。
でも、デフォルメ的な見せ方は嫌いではないのですよね。
完璧派の方からみればとんでもないことかもしれませんけれど。
どうでしょう。

モデルカステンさんのHPからAM誌のバックナンバー検索をしてVol26でいい写真をみつけました。
ちょうど、この模型のデカールにある第226突撃砲大隊の写真です。
この大隊の車両の特徴が少ない写真ながらよく解ります。
ちょっと欲が出てきました。(笑)
でも、まるっきり同じにはしませんけど。
というか出来ません。
そんなこと今の私には無理ですから(汗)
しかし、221号車の右側面の大きな写真。
やっぱりボルトは無いようですね。
あったりなかったり、謎ですな。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-22 01:52 | AFV
部屋の中のブラックホール。

さて、Ⅲ突B型の続報です。
やってしまいました。
アンテナ支持架。
ちまちまと取り付け位置のアタリを微調整しながら、エッチングパーツを曲げておりました。
ま、こんなところで妥協しようと接着。
今一よくなかったので、迷いましたが引っぺがしました。
一番前の支持架がベキッ。
ありゃりゃ~。
その時はそんなに慌てませんでした。
無残に折れて残ってたやつを引き剥がし、なんとかなるやろとピンセットで摘んでおりやした。
と、その時プチッと音を立てて折れた部品が飛びました。
おっ!
飛んでいった方向を探しましたが、見つかりません。
はぁ~。
やってしまいましたね。
昔からある、模型の部品が吸い込まれるブラックホール。
入り込んだら見つけることはまず不可能であります。
さて、さて、こんな車両もありと開き直るか。
エッチングパーツのランナー?で作り直すか。
本日は疲れたので止めです。
やはり、寝不足で頭の回転に鈍い時に細かい作業はあきませんな。
気をつけていたのになぁ。
いつもこんな感じです(笑)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-20 02:09 | AFV
艦船ちゃんに一苦労。その参。
c0034902_14332049.jpg
さて、頼まれモノのミズーリです。
それにしても、艦船モデラーの方々を尊敬してしまいます。
マスキングの嵐ですな。
疲れます。
やはり甲板から先に塗装の方が楽なのかなぁ。
ま、どちらにしてもマスキングの嵐には違いありません。
特にミズーリもそうですがアメリカやドイツの迷彩なんか考えただけでもぞっといたします。
当然、このミズーリは楽な迷彩パターンのメジャー22というやつにしています。(笑)
1/700のウォータラインシリーズは子供の頃何個か作ったんですけどね。
あの時、塗装はどうしてたんだろうなぁ。
ま、ここで苦労しておけば後の塗装が楽になるので、もうひと頑張りします。
でも、溜め息ですねぇ~。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-18 14:42 | A WARSHIP
ディテールアップを考える。

さて、Ⅲ突くんであります。
あまり変わり映えのしない写真で申し訳ございません。
これでも少しは進んでいるのですね。
定番の薄薄攻撃とか・・・(笑)

今回はハッチは閉じました。
車内の再現まで無理だと思ったのと、フィギアの制作は止めということで。
もともと、この制作はミズーリの制作の生き抜きと言う感じで始めたことと、久々の大戦もののリハビリを兼ねておりましたので、無理はしないで完成を目指すという基本方針に則りました。

もともと出戻りそこねて、リハビリから始めようと思った時に感じたことなのですが。
大戦もの、特に独軍の車両等は近年、大量に資料が出回り、模型制作にとても助かる時代になりましたよね。
その反面資料があり過ぎてあれもこれもと正確に作ろうとすると途中で意欲が下がり断念するなんてことも。
え?
私だけですか(汗)
そうなんですね、自分のスキルに合わせて制作すればいいのですけれどね。
私なんか中途半端な資料しかないので余計に悩んでしまうのですね。
それで、リハビリと称して、何も考えずに取り合えず完成させようと現用の戦車ばかり作っておりました。
今回のⅢ突も作り出すとあれやこれやと思考ばかりが先に立って、手が動かくなりかけました。
初心を忘れずに完成目指して頑張ります。
ま、私の場合ディテールアップ以前に丁寧に作るということを心がけることが先決なようです。
つい、乱雑に作りがちなもので。(笑)

そんなことを言いながらも気になる箇所はあります。
側面装甲版のリベット?
作例みたり、図面を見るとあったりなかったり。
A型は実写でマイナスネジみたいになっているのは確認できたのですが、B型の実写ではどう見てもノッペラ坊に見えるのですよ。
あのリベットって現地改修なんですかねぇ。

って、些細なことは気にしない方がいいのでしょうね(笑)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-17 15:39 | AFV
Armor Modeling誌 雑感。
仕事の合間に今月号のArmor Modelingを読んでおります。
おいおい、それはサボってるんやろ!
鋭い指摘。
ごもっともです。

まずはTristarさんのⅣ号D型。
いや、これまた凄いですね。
絶対に買いであります。
私的には虎さんよりもこちら。

今月号は連載記事が面白かったですね。
金子氏の記事の中に出てくる芳賀氏のお話。
早速、HPを拝見しました。
いや、凄い。
私も作りたくなりました。
なんともいえない雰囲気。
好きですね~、ああいうの。
更には、楽八氏の会社での葛藤。
私はまだ楽八氏よりは少々若いですし、一応サラリーを貰っている身ですが業種がね。
ちと変わったことをしております。
でも、なんだか共感できるのですね~。
頑張って欲しいものです。

BAUMANNさんの広告も気になりました。
ザ・ショーモデリングさんの1/48のエッチングパーツにタカハシモデリングさんのフィギアのアナウンス。
う~ん。
どうする1/48。
手を出してしまいそうな予感です。

watanabe氏の制作記事。
相変わらず凄いです。
私にはあんなまねは到底出来ません。
通信筒のバスケット・・・・・・。
せいぜい、デティールアップの参考にさせて頂きます。(笑)

最後に虎さんの記事。
やはりあの説明書は見難いですよね。
そんなところに協力なサポートですね。
嬉しい限りです。
AFVクラブの虎もそそりますよね。
しかし、私も龍さんちの虎をじっくり眺めていて思ったのがエッチングパーツだけでなく代用のプラパーツが入っていることが素晴らしいと思いました。
初心者から上級者までをひとつのパッケージで提供してくれる。
嬉しいことですね。

いや、一番嬉しいのは職場でサボってこうやって模型雑誌を読んでblogを更新出来るってことでしょうか。
ははは。

って、働け!

はい、ごもっともで。
では、では。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-15 17:42 | 雑記・雑感