<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
雰囲気重視。
c0034902_1043163.jpg
c0034902_1044358.jpg

9月最後の日に滑り込み投稿です。
組み立て終了の宣言をしていたドラゴン1/35のパンターD型ですが。
そのあと購入した本を見ていると気になる箇所が出てきたので、追加工作しました。
その本は大日本絵画社刊行の独ソ戦車戦シリーズ1の「クルスクのパンター」。
この本の写真に出てくるG・D師団所属の車両を除いた大半のパンターの後部デッキ上に数種類の雑納箱が積んであるのですよね。
箱の大きさや取り付け方はいろいろあるようなのですけど、一応ちゃんとした台座も取り付けてあるのですよ。
気になってしまって、追加しました。
とは言え、詳細も解らないので、ええかげんです(爆)
作例の台座の周囲の囲い板も高さが有り過ぎですし、箱の高さも写真に写っている一番大きそうなものよりも背が高いです。
この写真撮影の後で箱の底部は若干削りました。

箱の設置用台座はプラバン、箱はバーリンデンのものを使用しておりやす。
キャラメルみたいで美味しそうでしょ(爆)
写真では箱のサイドに取っ手があるものと無いものが見受けられたので、もちろん楽して無いものを表現しております(苦笑)
おもいっきりの雰囲気重視のええかけげん追加工作です。
でも、こういう工作が楽しかったりするのでありまする。

しかし、最近のドラゴンのキットはオマケの部品があっていいですよね。
もちろん、最新のTIGERⅠ型程ではありませんがこのパンターD型にもちょこっとあります。
車体後部の雑納箱のサイドに装着してある防熱板?
初期のパンターに見られる装備みたいですね。
でもね~、説明書にはなんの記述もないですよ。
危うく見逃すところでした。
せめて追加注文用の部品図面のところに名称でも書いて欲しいです。
これからはドラゴンのキットを作る時は、余っている部品には注意しようと心に誓うのでありました。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-30 10:36 | AFV
チョコレートの抹茶かけ。
c0034902_15433363.jpg

c0034902_1544728.jpg

久しぶりの更新と久しぶりのアキリーズその後です。
下地の色を塗りました。
今回はちょっと赤味を強くした茶色。
別に意味はありません。(笑)
ただ、なんとなくです。
下地を吹き付けた後、車輪はゴム部にタイヤブラックを筆塗りです。
そして基本色のカーキグリーン。
そのまんまの色で吹き付けけてます。
車体下部は下地がまだ見えるくらい、薄く吹いただけです。
内部は基本色でオリーブドラブをもう一度吹きます。
内部の塗装と汚しの後、組み立ててからこの後、彩度をあげた基本色でもう一度車体上部を軽く吹こうかなと思っておりやす。

まだ、キャタピラが残っておりますなぁ。
あ、フィギュアも・・・・。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-29 15:45 | AFV
目白押し。
ハードなお仕事もラストスパートに入って来ました。
もう、仕事に飽きております。
とかなんとか言いながら、更新してるって?
それは、もちろん少しはサボらないとやっていられないからです。(苦笑)

暫く模型に触れない日が続いております。
というか、流石に塗装は時間が要りますから、ちょんの間では出来ません。
なので、暫くお預け状態であります。

さて、2005年プラモデルラジコンショーが開幕されていますね。
皆さんの気になるキットは?
全部ですか。(笑)
ネットで探索していると各社から興味のあるキットが目白押しですね。

最初に断っておきますが。
あくまでも私の気になるキットのお話です。

まずはドラゴンさん。
やってくれますね~。
4日間の開催期間中にシークレットアイテムを毎日一作づつですか。
今日までに出たのが、1/35 マーダーⅡと1/35 Ⅳ号C型。
タミヤさんとトラペさんに思い切りぶつけて来てますね。
さて、後の2商品は何でしょう。
そしてやっとこさ、1/35 4号E型が10月初旬に発売のようで。
お金があるなら3つ欲しい(笑)
それから、ジェネレーション2のフィギュアの第2弾。
お次は1940年のフランス戦がお題のようで。
その他、88mm.の防循の形状が変わったタイプやらⅣ号D型やらなんやらかんやらてんこ盛りです(爆)
やるな~ドラゴン。

そんなドラゴンさに負けてはいけない、我らがタミヤさん。
1/35 Ⅲ号突撃砲D型。
まだモックアップの段階のようですが。
可動サスペンションにライフリング入りのアルミ砲身。
それにメッシュのエッチングパーツ入り。
頑張ってくれております。
後は1/48いろいろ。
あ、ヤスリはちょっと嬉しいですね。
タミヤさんのヤスリは中々の優れものですから。

そして、遂に待望の一品です。
Tascaさんの1/35 シャーマン。
発売はまだまだ先、来年の予定ですが、正式発表ということで。
待ち遠しいですなぁ。

トランペッターさんの1/35 チヌークなんて面白そうですね。

その他にもあんなものやこんなもの。
本当に盛り沢山ですねぇ。
仕事に疲れた身体に一服の清涼剤のような、新製品情報でした。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-22 17:13 | 模型なお話し
男前。
c0034902_1194870.jpg


c0034902_11101927.jpg

またまた仕事の合間に投稿です。(苦笑)
パンターD型の組み立てが終了しております。
スカートの素材が面白いですね。
薄いし、中々よろしいかと思います。

しかし、この戦車はかっちょええですなぁ。
今まで見向きもしなかったのですが。
車体デザインの為でしょうかイメージしているよりも車高は高いし、これで中戦車と思うくらいに大きく感じますね。
でも、スマートな感じなのですな。
同じドイツのTIGERⅠがガテン系男前とするならば、こっちはインテリ系男前ですか。
するっていと、TIGERⅡはスポーツ系?
などとお馬鹿なことを考えながら、塗装をどうしようか思案中。
手持ちの資料が少な過ぎですな。
ちと本屋にでも言って立ち読みしますか(笑)


アキリーズに追いついてしまったので下地塗装は平行作業で進めます。
効率を考えてやらんといけませんねぇ。

あ、アンテナ付け忘れてますな(爆)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-18 11:19 | AFV
ArmorModeling誌 Vol.72 雑感。
仕事の合間に流し読み。

今回はいろいろと思うこともあり細かい雑感は割愛でいきます。
おまけに、寝不足で頭がすっきりしないときたもんだ、であります。(苦笑)

特集はミニスケールですね。
いやぁ、凄いの一言。
あんなちっちょいのに。
フィギュアまで・・・。
凄いですなぁ。
私的には吉岡氏の1/35のジオラマをそのまんま1/144にしたジオラマ。
面白いです。
いや、その他の作例もとっても素敵です。

でも、やはり私には無理ですな。
私が最終的に目指すものがこのスケールでは描けないと思うのですね。
もちろん、それは私の腕の問題でありますよ。
それにミニスケールに手を出している時間が無いです。
後、何年細かい作業ができるのか、甚だ疑問ですからねぇ。
既に45歳、1/35に注力するので精一杯です。
もう少し早く出戻って、経験知を稼いでいたらなんとかなったかもしれません。
とは言え、素組みだったらいいかもなんてね。
でも、こんなに凄い作例を見せられたら、素組みでは物足らなくなるのでしょうねぇ。(爆)

小林祐也氏のタスカ 1/72 悪役1号。
いや、これは正しくドールハウスですね。
なんだか良いのですよね。
無機質な兵器の中に生活感が。
潜水艦のようでもありますね。
自分でカットモデルを作りたいとは思わないのですが。
こんな完成品が売っていたら欲しいです(笑)

そして、富岡氏と土居氏の対談。
これに関しては、実際にキットを制作していないのでなんとも言えませんね。
記事だけ読んであれこれと揚げ足取りみたいなことはしたくもないですから。
思うことは少々ありますが(笑)

完成すればとても良いキットなんでしょうね。
それはいろいろな方の作例で証明されています。
私もそう思います。
パーツの合いが少々悪かろうが関係ありません。
しかし、私が拘っているのは、やはり組み立て説明書です。
これは以前にも書きました。
キット自体を否定はしませんが、説明書の誤りが多ければ制作する意欲は低下します。
今のご時勢、資料は山のように氾濫しています、市販の本もネット上にも。
しかし、それを購入出来るか、ネットの繋ぐことが出来る環境かは人それぞれです。
出来ない人もいます。
ならば、頼りになるのは組み立て説明書であります。
組み立て説明書にも愛をください(笑)

てな、感じです。
なんだか巷の論議の争点とはずれているかもしれませんが。
こんな意見もあると言うことで。

トランペッターの新作。
でっかい大砲の次は蒸気機関車ですかい。
また超絶モデラーさんの作例が楽しみな一品ですねぇ。

来月号はアフリカ戦線特集。
待ってました!
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-16 17:02 | 雑記・雑感
キャピラ紙芝居。
昨日は完撤明けで昼頃帰宅しました。
流石に帰って直ぐに爆睡。
深夜に少しだけ制作しました。
で、ベテランのモデラーさん方には今更こんなものと思われるかと思いましたが。
文章の節約も兼ねて、紙芝居風にやってみました。
c0034902_13183352.jpg黙々とひたすら繋ぎます。何も考えてはいけません。
繋いで繋いで繋ぎまくります。(笑)

c0034902_13193057.jpgで、一枚残して一先ず完成。
ここまでの作業で約30分程です。
ここで、私の場合は一服します。
慌ててはいけません。
といっても、あんまり落ち着いていると固まってしまうので注意が必要ですが。
c0034902_13241251.jpgそして、おもむろにグルッと装着します。
起動輪と誘導輪に密着させて整えます。
そして、残りの一枚を接着するのですが、ここでもしも届かなければ追加してやります。
今回も反対側同様、結局2枚追加しました。

c0034902_13291248.jpgそして、自然な弛みを持たせてやって完成です。
転輪との接着には流し込みタイプの接着剤を使用します。
前から3番目の転輪で接着すればいい感じになりました。
右側比べて自然な弛み具合になっております。
この作業トータルで45分程。
もちろん休憩を挟んでであります。
お手軽でしょ。







この方法はAM誌の土居氏等がやっておられる方法だと思います。
良いやり方はどんどん真似しないとね(笑)
初心者の方の参考になれば幸いです。

この後、車体上部も一気に装着しようとしたのですが。
これが手強い。
私の仮組みが拙かったのか、上手く合わないのですよね。
で、ここまでやめました。
私的にはこのドラゴンパンターの一番に注意するところかも。
あくまでも、私の場合ですよ(苦笑)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-14 13:45 | AFV
ドタバタ。
c0034902_2154854.jpg

急遽帰宅できたので、禁断症状を解消するためにちょこっと。
片側のキャタピラだけ装着しました。
焦っていたせいかちょっと、弛み具合がイマイチになってしましいました。(汗)
反省です。
しかし、スカートを装着して見えなくなるから、まぁいいかっ(苦笑)
本日はここまで。
なんだか忙しないです。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-11 02:21 | AFV
気になる存在。
仕事で家にも帰れず、模型に触れなくて欲求不満な日々でございます。
仕事の合間にモデラーさん達のサイトを覗いて模型制作のモチベーションを高めているのであります。

昔のように新製品が出たり買いたいものは即購入みたいなことが出来なくなって久しいのですが。
そんな状況なので、必然的に買うものは吟味してから買うことを強いられるわけでありますね。
で、今後購入したいキットをつらつらと考えておりました。

1番はドラゴンの1/35 Ⅳ号E型。
これはぜひに欲しいです。
2番はタミヤの1/35 Ⅲ突B型。
いまのところ是非に購入しようとしているものはこの2点ですね。
でも、実はこの2点以外にものごっつう気になるキットがあるのですねぇ。

それは。

ドラゴンの1/35 ドイツ歩兵 コルスン ポケット1944 なんですねぇ。
勝手にリンク貼っちゃいましたが(笑)
なんでもジェネレーション2という名称も与えられております。
凄いです。
正に、同社のTIGERⅠ後期型のフィギュア版でありますよ。
細部のディテールもさることながら、肩章やバックルのエッチングパーツ。
顔なんて無精ひげまで彫り込んであります。
ま、これは入りませんが。(笑)
フィギュア大好きの私としてはこのキットは是非に押さえて置きたいです。
そして今後リリースされるフィギュアのセットは全てこのクオリティで出して欲しいですなぁ。
もちろん、ドイツ兵だけでは無くて、米、英のものも。
是非、米、英のフィギュアも。
クドイですが(苦笑)

なんてこと言いながら、まだまともなフィギュアの制作記事もアップしていないのでありますが(汗)
フィギュア制作したい熱は日ごとにヒートアップしている今日この頃であります。
もちろん、その際に使用する塗料はセラムなのですね。
早く作りたいですなぁ。
と、言いながら実際に時間が出来た時に手が動くかといえば・・・・・・・・。
それはまた別のお話。
って、駄目じゃん。(爆)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-10 15:48 | 模型なお話し
”任務”という写真集。
c0034902_16372222.jpg

さて、遂にハードな仕事週間に突入しました。
23日まで続くヘビーロードでございます。
とは言え、手を回して部下をちょいと増やしたので少しは楽できるかも(笑)
ということで、もちろん仕事中です。
先が長いので、少しは息抜きもね。
ということで、本題です。

最近出版された宮嶋茂樹氏の写真集です。
イラクはサマワでの自衛隊の活動の記録であります。
「本屋で見かけたこんな写真集が欲しいなぁ~」
と、うちの奥さんの耳元で囁いていたら数日後に宅配便で届きました。

資料としても中々でございます。
隊員の方々の任務している時の真剣な表情と地元の人々と接している時の笑顔が素敵でありますよ。
模型的に見れば個人装備や車両のデティール、それにイラクの土の色や空気が伝わってきてジオラマの参考になりそうです。
写真のキャプションは宮嶋氏自ら書いて居られるます。
制約もあるのでしょう、部隊名等は一切ありません。
ご存知の方ならば解る、不肖宮嶋節が炸裂しております(笑)
なので、模型的にはあまり役には立ちません。(爆)

しかし、良いお仕事をされています。
宮嶋氏の写真集は初めて拝見しましたが、ファンになりました。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-08 16:57 | 読書なお話し
かっちょいいヤツ。
c0034902_13112066.jpg気が付けば9月。かなり更新をサボってしまいました。(汗)
こんなに間が開いたのはblog開設以来かもしれません。おまけに今月はもう少ししたらハードジョブ週間がやってくるので、制作記事の数も史上最低になる予定であります。
制作のほうはサボっていたわけではありません。
ちょこっとづつは手を動かしています。
アキリーズはちょっと塗装待ちの放置中ですが。
パンターDはここまできました。
ディテールアップは無しの素組み。とはいえ、ちょこっとだけ目に付くところはチマチマとやっております。
エッチングはエンジンルーム上の網のみ。そして定番?の溶接後。

c0034902_13181917.jpgそいでもって、ボッュライトを車体右側に追加。
何故かこのドラゴンのキットには右側に付ける指定も無いし、当然車体のほうにも取り付け位置のガイドはありません。
生産時期の違いで片側と両側にあるのは知っておりましたので、手元にある数少ない資料と本屋での立ち読みで調べると、クルスク戦時の写真に出てくるのは殆んどが、両側に付いているのですね。
キットのほうの部品にはちゃんとふたつのライトがあるので、それを無理矢理付けました。

c0034902_1334154.jpg後は排気管に異物混入防止棒を以前、AM誌の土居氏が行っていた伸ばしランナーでやる方法で工作してあります。
さて、塗装をちょいと悩んでおります。
いや、当然まだ車体も転輪も接着はしていないのですが。
戦車塗装の王道、全部組み立ててから塗装するか、バラして塗装するのかでありますよ。
アキリーズが仕方なく分解塗装していますから、こちらは男らしく(謎)一気に組んでからやっつけようか悩ましいところです。




それにしてもこのパンターは、やはり格好いいですねぇ。
実は私、昔から全然興味のない車体だったのですけれどね。
ドイツ車両ファンの中でもあまり人気が無いような気がしていたのですけれど。
それは格好が良すぎるからなのでしょうか。
私は惚れましたよ。
キットが良いからなのかもしれませんね。
同じドラゴンの虎Ⅰとはまた違う意味でのとても良いキットだと思います。
まだ完成させてもいないのに、感想も変かもしれませんが(苦笑)
ほんと作りやすいです。
説明書に若干解りにくいところもありますが、それほど苦にはなりません。
私のようなリハビリモデラーや最近模型を始めた方なんかにはもってこいの素材かと思います。

さて、そんな中、ようやく田宮さんちのサイトでⅢ突B型の正式な発表がありましたね。
と~ても楽しみです。
一気にふたつみっつの新作発表も期待していたのですけれど。
ま、それは無理というものなのかもしれませんなぁ。
しかし、新製品が出るだけでも嬉しいのであります。
いつもながらのタミヤスタンダードでくるのか、はたまた何か仕掛けてくるのでしょうか。
いずれにしても良い出来であることは予想できますね。
というか、そうであって欲しいものです。

ところで、その田宮さんちのサイトを覗いていて目にしたのが、吉岡和哉氏の1/48のジオラマですよ。
素晴らしいですねぇ。
あのジオラマを見て、1/48への制作意欲がまた少し沸いてきました。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-09-05 13:59 | AFV