タグ:model ( 78 ) タグの人気記事
ウ~ン。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_273258.jpg

c0034902_28251.jpg

そんなわけで。
二体目の戦車長殿です。
今回はちょっと「ウ~ン。」ってな雰囲気を表現したつもりです。
肩章を浮かしたのはちょっと失敗かもしれません。
基本的に、戦車搭乗兵の肩章は狭い車内で引っ掛からないように、全部縫い付けるそうで。
資料を後でよく読んで発覚した事実であります。
ま、ええかですね(苦笑)
しかし、ドイツ軍の服装は調べれば調べるほど、殆んど規定違反なようで。
このツナギ服も、肩章は規定外ですが、前線では勝手に縫い付けた例が数多く見られます。
略帽の山形の兵科色の打紐も、42年の7月には廃止の通達があったにも係わらず、殆んど無視されたようです。
私だけかもしれませんが、お堅いイメージのドイツ軍だったのですけれど、少し見方が変わりました。
さて、ようやくパンターも完成まじかになりました。
そろそろ、お次の製作にかかれそうです。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-04-13 02:25 | AFV
ボ~。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_1274471.jpg


c0034902_12825.jpg

またまた久方ぶりの更新です。
のろのろ更新が恒例化してしまいそうで(苦笑)
情けないです。
と言うことで。
ようやく一体目の砲手のフィギュアの完成。
ではありませんが。
途中経過をばUPしておきます。
黒い服は相変わらず難しいです。
黒に青みのあるグレーを隠し味で使用して、最後にグレーを軽くドライブラシ。
この後、またパステルで少々手を入れます。
もっと「ボ~」っとしてる感じにしたかったのですが、腕が足りません。(爆)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-04-11 12:13 | AFV
まったり進行中。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
早くも4月ですね。
毎度のことながらお久しぶりの更新です。
桜の花もようやく満開になりつつあるようですが、直ぐに散りそうなお天気で。
さて、相変わらずにパンターにかかり切っております。
どうも性格なのか、同時進行で他にいけません。
代わり映えしませんが、もう少しお付き合いの程(苦笑)
c0034902_15454834.jpg
今回はパンター戦車の初陣ということで、汚しは抑え目にと思いまして。
チッピングも雨垂れも殆んど無しでいこうと思っております。
で、チッピングは描かずに、本体を削ってみました。
下地のサフを吹いた面が出てきて、結構目立ちますね。
で、
c0034902_15523155.jpg
ウオッシングをして、軽くパステルを擦り付けると。
こんな感じです。
あまり目立たなくなりましたc0034902_15555526.jpg

c0034902_15563124.jpg
後は私の定番の、パステルでの汚しです。
最近はウエザリングもドライブラシも殆んどしません。
手抜きと言うわけではありませんが、料理で言う簡単レシピみたいなものと言うことで。
もっと丁寧にしないといけないと思いつつ。
ついつい楽な方へと向いてしまいます(苦笑)
後、もう少し汚し作業をしてから、フィギュアの方をやっつけます。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-04-05 16:02 | AFV
それから。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_1404436.jpg

で、その後です(笑)
記事数稼ぎにタッチアップ後の写真をば。
疲れました。
気を取り直して、明日からまた頑張るぞ~。
お~~。(爆)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-03-25 01:47 | AFV
パリパリのボロボロ。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_94152.jpg久しぶりの更新です。
少しめげてます(苦笑)
キット付属のデカールに。
久しぶりですねぇ、デカールにやられるのは。
見た目から不安だったのですけれど、見事にパリパリでございました。
水に入れた時から割れる割れる。
で、こんな状態でした。
このまま筆塗りでタッチアップしようかとも思ったのですが、反対側はもっと悲惨なことになったので。

c0034902_945071.jpg代わりになるデカールを探したのですが、良いものが見つかりませんでした。
なので、こんなもを取り出して、せこせことやってみることにしました。
少し、デカールよりは小さめですが、ま、ええかの精神で(爆)

c0034902_947669.jpg白ふちと黒ぬきの部分を切り出して。

c0034902_949571.jpgエアブラシ。
この後、中抜きの黒もエアブラシ。

c0034902_951764.jpgで、こんな感じです。
いまいちですねぇ。
面倒くさいから、マスキングテープをそのまま切り出したのがいけませんね。
やっぱり、トレーシングペーパーか何かで切り出して、糊つけしてやった方が、シャープになるようで。
この後、筆でタッチアップでもしようかと思案中です。

トホホモデリング大公開の巻き~。
でした。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-03-24 09:58 | AFV
焦りが出た時のCOOL DOWNな呟き。
またぞろ、ほんの少しだけ忙しいので、あまり製作が進みません。
とは言っても、Armor Modelingを片手にblogを更新しているので、仕事内容は全然楽ちんなのでありますな(苦笑)
朝が早くて夜が遅いので、製作気力が上がらないと言う所です。
でも、なんとか一日、15分程度の製作はしております。
正しく、牛歩モデリングでありますな(爆)

さて、久しぶりにArmor Modeling誌の雑感でも。
今月号はⅢ突特集ですね。
それもタミヤさんちの1/35のみをフューチャーしております。
表紙がシンプルで良いですねぇ。
私は、こういった感じの表紙のデザインが好きであります。
内容はこれからタミヤのⅢ突を製作する際に、とっても役立つ記事になっておりますね。
以前、少しだけドラゴンやAFVクラブのTIGERⅠの記事もありましたが、ひとつのメーカーさんのキットを取り上げたやり方も私的にはとても嬉しいです。
特に組み立て説明書の解り辛いメーカーさんのモノは(苦笑)

丁度、私がドラゴンのⅢ突を製作した時に、悩んだ側面装甲板のネジの事も、記載されておりますね。
やっぱり、あったのですねぇ。
でも、このネジなんですが、私には未だに謎。
ドラゴンのキットを完成させてた後も、機会があるごとに、Ⅲ突の戦場での写真を眺めているのですけれど、不鮮明な写真はともかくとして、割と解像感のしっかりとした写真でも、ネジのような物は無いような写真もあるのですけれど。
その逆にちゃんと、ネジの存在が判別できるものもあります。
ま、そんなに気にはしてないのですが、もしかしたらネジ有りと無しの二種類が存在したのかなぁ。
てね。
今月号の64ページに載っているアクスバル戦車博物館のⅢ突の写真でも、長方形の小さな鉄板は付いているのですけど、ネジは判別できません。
専門家でもないので、あまりなことは言えませんが。
ちょこっと気になる木になる気であります(笑)

気になる繋がりから、New Kit Reportから。
やっぱし気になるドラゴンさんちのM4A1。
う~ん。
買ってもいい?
って、誰に聞いているのでしょう(笑)

そして、これまた気になる、KIYA・COMレポート。
金賞を受賞された、木戸禅博氏の「AB-41・降下猟兵イタリア戦」を見ていて。
作品はもちろん素晴らしいです。
で、イタレリのAB-41が気になる。
前はあまり食指が動かなかったのですけれど、この作例を見ていると、作りたくなってきましたねぇ。
AB-43も新製品でアナウンスがあるようですな。
作るとすれば、純正イタリア軍使用でやっつけたいです。
それにしても。
KIYA・COMは流石にレベルが高いですね。
皆さん、素晴らしいです。
そんなツワモノの揃いのモデラーさんばかりの中で、NPGさん、銅賞の受賞おめでとうございます。
遅くなりましたが、個人的にこの場を借りて、お祝い申し上げます。
って、見ては居られないかもしれませんが(爆)
ある所で、コメントしようかとも思ったのですが、錚々たる皆様のコメントが多い中で、なんだか私ごときがと、憚られましたので(苦笑)

審査後記で土居氏が述べられている、「金賞を受賞した方々の技術は確かに素晴らしいが、グランドマスターにはもう一歩何かが足りない。」
この言葉をそっと胸の奥で反芻して雑感を終了します。


てなことで。
早くパンターを完成させて、次に行きたいのですけれどね。
何せ、脳内では次の製作に頭が飛びがちになってきてます。
でも、ここは焦らずに。
完成させてから次。
このポリシーは守らなければなりませんて。

ああ、クレーテもまだまだでしたなぁ~(爆)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-03-15 14:01 | 独り事
ドイツ兵はおしゃれ軍団。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_9302757.jpgまだまだ続く、フィギュア製作。
どうも、私はひとつの事にかかりきると、他の事が出来なくなるようで。(苦笑)
で、戦車長さんのほうです。
キットにはヘッドフォンとマイクのエッチングパーツが付属しており、助かりますね。
今回はそのまんま使用しております。
ヘッドフォン周りは、ちょっと手抜きですな。
あはは。
と。笑って誤魔化しておきます。(爆)
ヘッドフォンのコードは写真で見ると、やっぱり太すぎるかもしれませんね。
一応、デフォルメは意識してやったことですが、う~ん。
肩章は、通常のツナギ服では付いていないので、一度、モールドを削り取ったのですが、いろいろ写真を見ていると、結構付けている乗員がいるようで。
もう一体と変化を付ける為に、また付けました。

c0034902_9305134.jpgさて、砲手です。
こちらは、ヘッドセットも無く、楽チンです。
何処の国の軍隊でも、軍服の規定はあるものですよね。
とは言え、守らないのが人の常。
ほんとかよ。
兵隊さんも、例外ではないようですが。
詳しい資料がないので、なんともなんですが。
アメリカ軍だと、上級将校は個人で仕立てたりする事はあるようですが、一般の兵卒はどうなんでしょうね。
兵科の違う服装をしているのは写真で見かけますが。
ドイツは、と言うと。
将校から一般兵卒まで、実に細かいカスタマイズが見られますねぇ。
階級章や帽子まで。
細か過ぎて、当然、私の場合はフィギュア製作の時には無視しますが(苦笑)
皆が言うことを聞かないので、軍も規定を変更したとか、しないとか。
洒落者ぞろいのドイツ軍ですな。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-03-11 10:06 | AFV
フィギュアはフィット感が重要ね。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_12493973.jpg

パンター搭乗員、チマチマと進行中の図であります。
腕はボンドで仮接着中です。
銃器や手になんか持っているところも難しいですけど、車両に絡めるのも難しいですよね。
って、私だけかもしれませんが(爆)
今回はまだ腕と胴体に芯を入れずに作業しておりますが、やっぱり芯があったほうがいいのかも。
ん、砲塔にたくさん削りカスが飛び散っておりますな(苦笑)

c0034902_1259745.jpg

お次はお買い物情報。
買ってしまいました。
ある意味、憧れのAlpine Minituresの新製品フィギュア。
いつも店頭で同社のフィギュアを眺めながら、全国のモデラーさん定番の”こうた(買った)止めた”踊りを踊っていましたが。
この米戦車兵には、ひと目惚れしておったのですねぇ。
一体でインジェクションのセットを買えますから、悩ましいところではありますが。
想像通りの素晴らしい出来栄えでありますな。
服の皺や自然なポージングはもとより、指先の爪や節まで表現されておりますよ。
作るのが勿体ない。
いやいや、模型は作ってなんぼですから、作らねばなりません。
しかし、塗装する手が震えそうですね。
失敗したらどうしようって。
さて、このフィギュアに絡める戦車は何にしましょうか。
大戦末期のオーバーオールタイプの服装ですから、やはり”アレ”ですかねぇ。
でも、シャーマンも捨てがたいですね。
悩ましいです(笑)

って、なんだか商品紹介&コマーシャルかって(爆)
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-03-06 13:21 | AFV
針金男の憂鬱。 ~NITTO1/20 Ma.K シュトラール国防軍クレーテ~
c0034902_23591662.jpgまたもやスローペースになっております。
クレーテのほうも進めようかと、フィギュアに着手したのはよいのですが・・・。
写真は針金にビニールコートしたもので作った基本の骨であります。
ちと、柔らかすぎるのですが、今回はこれで開始。

c0034902_23594347.jpgこの写真の後ろに少し見える足が、木工パテを盛った針金くんです。
で、肉付けをする前に、銃を先に形にしておかないと、後々困ると思い、ORE-GUNを改造中です。
これが、時間がかかっておるのであります。
当初はそのまま使用しようかと思っていたのですけれど、なんだかバランスが悪いと思い出して手を出したのが運のつきでありましたねぇ(苦笑)
右がORE-GUNオリジナル、左がマイカスタムです。
この銃に目処が立ったら、またパンターのフィギュアに戻ります。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-03-05 00:12 | Ma.K.
クルスクの豹は緑色。 ~ドラゴン1/35パンターD型~
c0034902_9561965.jpg


c0034902_9565545.jpg

またまた、パンターです。
迷彩を施しました。
う~ん。
ちょいとイメージ通りにはいかなかったようで(苦笑)
どんなイメージだよ。
って、突っ込まれると困りますが。
飛沫もさほど大きくなく、境目のグラデーションもまずまずと言うことで、良しとします。

c0034902_1041041.jpgさて、そろそろフィギュアですね。
使用するキットはこちらをチョイスしました。
クルスクのパンター乗員は、何故かほとんどがつなぎ服のようで。
それで、このセット。
うってつけの構成ですね。
セットはLAHとなっておりますが、そんな事は気にしないのでありますな。
二体だけ使用する予定であります。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2006-02-28 10:15 | AFV