タグ:monologue ( 34 ) タグの人気記事
ArmorModeling誌 Vol.73 雑感。
恒例のArmor Modeling今月号の感想です。

さて、特集記事は大好きなアフリカ戦線であります。
といっても88をフィーチャーとなっておりますから、メインは88mm.砲なのでありますね。
なんとなく寂しい感じですが、作例が良かったですね。
今回のジオラマを拝見して、痛く感心しました。

まず最初は岩重賢司氏の作品。
”Guardian deity”
AFVクラブの1/35 Flak 18を使用されております。
88mm.砲を陣地に設置しようと作業中のジオラマですね。
各兵士達がそれぞれのポジションで作業しています。
作業に没頭する兵士の中で砲の前後で確認し合う兵士。
フィギュアの配置が結構離れているにも関わらず、一体感のあるジオラマになっています。
各兵士の目的がよく理解できることもあるのでしょうが、離れて作業している中で前後を確認している兵士がいるというのがいいですね。
不自然さが無いのです。
そして色彩の統一感も素晴らしいです。
私、岩重氏のこの色の感覚が好きなのですよね。
言葉で表現するのが苦手なもので、上手く言えないのですけれど。
同じ色合いで纏めているというか。
極端な言い方をすれば、全体を一色で表現しているというか。
表現力が乏しくて申し訳ないです(苦笑)
ともかく、この色使いが好きなんですよ。

工程作業中の写真も掲載されておりますね。
本格的なジオラマ未経験の私には目の毒というか、思わずこんなん俺には無理じゃ~(爆)
と、思わず叫びたくなります(苦笑)
計画性の無い私には非常に敷居が高いですなぁ。
いつか、いい題材を思いついたらじっくりと作ってみたいです。

そして、もう一作。
木村浩之氏の作品。
”POSE”
往年の名作キットタミヤの1/35 Flak36/37を使用されております。
さて、こちらは岩重がフィギュアのポジションを何箇所かに離して配置したのとは逆にひとつの大きな固まりと2体のフィギュアを離れた所に配置しています。
そしてポイントを一点に集中して、全てのフィギュアがその一点を向いている構図ですね。
ある戦闘で活躍したひとりの兵士をPKのカメラマンが取材にきたところ、という感じですか。
こちらも各フィギュアに不自然さが無いです。
絶妙のポージングに表情。
出戻りAFV作品の一作目ということらしいです。
フィギュアも全てフルスクラッチと言うこと。
う~ん、素晴らしいですねぇ。

2作品とも物凄く参考になる作例でした。

参考になったと言えばこちらも。
尾崎正登氏の88アットランダム。
88mm砲の現存する実写から細部の説明です。
特に配線に拘って撮影してくれています。
ディテールアップをするかしないかは別にして、こういった考証は嬉しいですね。
ほんと電線がどこで繋がっているかは気になるところ。
それに、各部品がどのような目的で付けられているかも気になりますものねぇ。
知らないよりは知っていたほうが制作する時に役に立ちますから。

大好きなイギリス戦車の作例。
マーク・ディ氏のバレンタインMKⅢ。
ドラゴンの1/35を超絶なディテールアップで制作しておられます。
唸るしかないですなぁ。
お見事です。
ちょっと暴言的な発言になるかもしれませんが。
私、このような超絶なディテールアップした作品は塗装せずにそのままで作品にしたほうがいいのではと思うのですが。
いや、悪い意味で言っているのではないですよ。

そして、ジオラマというかヴィネットですか。
山本真也氏の作品。
”The Way We Came”
ドラゴン1/35のケッテンクラートとトライスターの1/3520mm対空機関砲を使用されています。
装備品を満載した小型の車両が対空機関砲を牽引して、溝に嵌まりこんだところを抜け出そうとしているシーンです。
こちらもいいですねぇ。
私も、まずはこういったヴィネットでしっかりとした表現の出来る作品を作ってみたいです。
特に気に入ったのが、ドライバーのフィギュアのハンドルを握る右手。
人差し指と中指が二本立っています。
この表現、最高です(笑)

今回の雑感はこの辺で。

ドラゴンのⅣ号E型をさっそくゲットしたのですが。
今回のアフリカ特集の作品を見ていると、もうひとつ欲しくなりますね。
購入したキットは東部戦線のヴィネットで使用を考えているもので。
アフリカを題材にしたものも作りたくなりました。
E型をもうひとつ買うか、D型が出るまで待つか。
思案中。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-10-18 00:51 | 雑記・雑感
欲求不満。
只今、仕事中。
ようやく少しネットに繋げることができました。(笑)
ここのところ、急に忙しくなりました。
当然、夜は疲れて模型の制作も滞っております。
根をつめての細部の筆塗りは30分が限界。
困ったものです。
平日の休みもありましたが、オチビさん達が風邪でダウン。
奥さんも風邪でダウン。
保育園もお休みしているので子守なのですね~。
こちらの体調が回復してくればこれです。
う~。
欲求が不満になっております。
模型作りをサボっていた時期は時間があってもボケ~としていただけなのにね。
作る気力が湧いてきたら、今度は時間が取れない。
世の中こんなものでしょう。(笑)
焦らずにいきます。
皆さんのblog巡りもじっくりできていません。
先程、少し流し観程度はしました。
更新しておられる方々を羨ましく横目でみつつ、もうひと頑張りであります。
今週は少しゆとりができるかもしれません。

いつも観に来てくれる方々に申し訳なく思っております。
では、では。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-28 16:09 | 雑記・雑感
徒然。
お仕事中。
と、いってもほとんどブラブラしているだけですが(苦笑)
早めに切り上げて、キッズランドにでも行こうかと目論んでおります。

最近このexciteブログで気になることはアップした写真が消えること。
これには少々、困りますナァ。
ただとはいえお願いしますよexcite様。
それに画像の容量も気になるところ。
今はまだ大丈夫ですけどね。
ギリギリになってから考えますか。
有料の会員になれば無制限ですけれど。
それとも、もっと容量の大きいところに引っ越すか。
そこそこのカスタマイズが可能なところと、解り易い設定とかここは気に入っているのですけどね。

さて、早くミズーリを完成させてギャラをゲットしなければなりませぬ。
そう、そのギャラでコンプレッサーの買い替えを目論んでおります。
それにボチボチ、九五式軽戦車の製作に入ろうかと思っております。
いよいよ、ほんまに久しぶりのジオラマ制作ですな。
ま、ジオラマと言ってもそんなに大層なものではありません。
ある絵を元に制作しますので、草原に破壊され、月日の経った戦車二両それにおじさん。
単純にそれだけのことなんです。
約束の模型化であります。
詳しいとこは制作日誌でおいおいと。
難しいそうですね、錆錆表現。
今回は習作ということで御目溢しを願いましょう。
あまり、細かい考証や表現の薀蓄はなしで行きます。
って、それじゃあいつもと同じやん。
という突っ込みの声は聞かない振りでまいります。
これもいつもと同じですな。(笑)
楽しみましょう~~。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-20 14:38 | 雑記・雑感
終戦のローレライ。
本日はちと本のお話しでも。
ようやく読み終えました、「終戦のローレライ」。
多分にSF的なお話しですな。
映画監督に、映画化を前提として「太平洋戦争」と「潜水艦」と「少女」というお題で執筆を依頼され、2年も掛かってようやく執筆できたという小説。
しかし所謂、戦記"if"みたいな陳腐な嘘っぱち小説ではありません。
それに、戦争高揚小説でもないし、戦争ラブロマンスでもないし、もちろん反戦小説でもありません。
戦争とは悲惨なもの。
それは小説の中でもいやと言うほど描写されています。
この福井氏の「亡国のイージス」と同じ主題。
人は何の為に生き、何の為の死ぬのか。
そして国と個人というものの考え方。
国粋主義というものでも右翼的な思想というものでもなくて今の日本人が忘れている純粋に国家という意識。
国を愛するという意識。
家族を愛するという意識。
日本人という意識の再確認的な小説だと捉えました。
戦争を始めるのに本当の大義など有りはしません。
ただ、理由はあるはずです。
私は闇雲な反戦論者ではありません。
もちろん国粋主義でも右翼的思想の持ち主でもありせん。
先の大戦を始めた日本にも理由はあったわけです。
最初から好き好んで戦争を始めたわけでもありません。
根本的にはドイツとは戦争を始めた理由が違うのです。
これは歴史上の事実です。
資料は山のようにあります。
勉強すれば解ることです。
世界の常識から桁外れたこの国の国家意識というものを警告したかったお話しでしょうか。
言いすぎかなぁ。

私は模型を制作するに当たって、ことさら自分が作っているのは戦争の道具なんだと、後ろめたい気持ちになったことはありません。
人や物を破壊する兵器。
だからこそ究極の道具だと思います。
御幣があるかもしれませんが、究極の工業デザイン的な美しさがあると思います。
戦車や戦闘機、戦艦自体が人や物を破壊するのではありません。
忘れてはいけないのはそれを使う”人”こそがそれらを破壊するということです。
世の中から兵器や武器が無くなったとしても、”人”は人や物を破壊することを止めるのでしょうか。
人種や民族や宗教の違いでいがみ合うことが無くなるのでしょうか。
恐らく無くなる事はないでしょう。
日本人はそのあたりの意識がかなり薄いと思います。
というか、理解できない部分なのかもしれません。

模型は純粋に楽しめばいいと思います。
そこにどのような思いを込めるのかは人それぞれ。

あ、なんだか話の本題が横道に(汗)
ただ、私は先の大戦で亡くなられた多くの方々に後ろ指を指したり、唾を吐きかける様な行為をすることはしません。
この国の為に私達の為に亡くなられた方々、そしてそれぞれの国の為に亡くなられた方々に敬意を表します。
我が国では国に殉じた方々は皆、その国籍を問わず英霊になるというのは昔から決まっていたことのひとつです。

映画に関しては、”パウラ”が唄う歌が「椰子の実」ではないということで観る価値は半減ですね。
「椰子の実」はこのお話しの鍵でしょう。
少なくとも私はそう思います。
配役の設定や話の内容が変わるのは仕方ないとしても、あの歌を変えてしまっては根本的な意味が変わるような気がします。
所詮は単なるエンタメ映画ですか。
残念。

最後に・・・
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-16 13:56 | 読書なお話し
風邪。
更新が出来なくて申し訳ございません。
たちの悪い風邪でダウンしておりました。
というか、未だにダウンしております。
ずっと咳きがひどい風邪だったのですが、それも治まりかけたとたん、昨日いきなりの発熱であります。
39度近い熱で身体が痛い痛い。
インフルエンザかと思いましたが、本日病院にて検査して貰ったらそうではありませんでした。
昔から熱がでたら関節が痛む体質なもので。

昨日の午前中は絶好の塗装日和だったのですがそんなわけで停滞しております。
早く元気になって模型を作りた~い。

では、皆様もお風邪など召しませぬように。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-11 12:57 | 雑記・雑感
道具。
c0034902_22204976.jpg
本日はお買い物です。
キッズランドとホビーランド。
Holod&Fold Mini(2in)とマイクロハンド。
同じくHolod&Fold MkⅢ(4in)かエッチメイトと悩んだのですがね。
そんなにエッチングパーツを駆使するわけではないので、取り合えずは一番小さい奴にしておきました。
予算もあることですしね。
それが一番の理由かも(笑)
それと万力代わりにマイクロハンドです。
なにわともあれ、宝の持ち腐れにならないようにしっかりと使っていこうと思います。
今回は模型はなしです。
次のお題の九五式もスルー。
AFVクラブの虎も悩みましたが、見送り。
少々、欲求不満ですがじっと我慢であります。

夜は中々塗装作業ができないので困りますね。
Ⅲ突も焦らずに進めて行きたいと思っております。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-04 22:43 | 模型なお話し
M1ガーランド。
c0034902_1342743.jpg
本日は模型のほうはちょいと休憩です。
写真はモデルガンですね。
昔、まだ私がバブリーな時代に大枚叩いて購入したものです。
いや、今思えばよくも買ったなぁてな感じです。
ほんとに高価でした。
でも、好きでしたねぇ。(笑)
この他にも買ったのですけど、いまではそんなに残っていません。
後、お気に入りとしては百式短銃なんかもあります。
ガーランドのごっつい感じが好きです。
これはタンカースと呼ばれているタイプで通常のものよりも銃身が短いのですね。
文字通り、戦車搭載用ということで、狭い車内に搭載し易いようにしたというこでしょうか。
しかし、写真ではあまり見かけないような気がします。
こんなコレクションも今となっては、模型作りの為の資料のひとつとして重宝するかもしれません。

ほんまかいな。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-03-02 01:43 | 雑記・雑感
プラモデル。
さて、相変わらずお仕事中でございます。
全然、模型に触れません(泣)
モチベーションが下がるのが心配なイージスであります。

ちょっと一服。
ご存知の方も居られるかもしれませんが。
ネットで最大のフリー百科事典とも言われる、『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般の方からの情報や薀蓄まで自由に投稿でき、現在も日々進化し肥大しております。
その内容が100パーセント真実なのか?
と、問われると絶対にとは言えないのかもしれません。
でも、ひとつの事例が挙がったらその事例に対していろいろな見解やら、これが真実だみたいなことが次々と表れるのでかなり信憑性は高いと思われます。
そんな「ウィキペディア」で「プラモデル」を検索してみると。
これが中々、面白うございました。

プラモデルが商標だというのは以前から知ってはいましたが、その商標を現在では日本プラモデル工業協同組合が所有しているのは知りませんでした。
昔は一時期、その商標で権利の問題が派生して、これからは「プラホビー」と呼びましょうみたいな運動があったように記憶しております。
それがいつのまにやら、ウヤムヤになり、最近またプラモデルと読んでいるのはそのような経緯があったのですね。
もともとマルサンと言う会社が1959年に商標登録したものですが、商標権はのちに日本プラスチックモデル工業協同組合に移譲されたそうです。
現在はバンダイと青島文化教材社が使用しています。

その他、なかなか面白いことが記載されておりますよ。
モデラーの方々からすれば周知事実的なことばかりなのですが、模型を全然知らない方の目からみれば興味深いのではないでしょうか。
作り方、楽しみ方から始まり、コピー商品のこととか、歴史に素材や分野まで。
ま、ここで私が四の五の言うよりも、お暇がある時に一度、覗いて見てください。

そのプラモデルの定義の序文にある解説を載せておきます。

”プラモデル製作を趣味とする人のことをモデラー、それを職業とする人をプロモデラーと呼ぶことがある。また、制作意図が無いにも関わらず収拾をその主な目的とし、金に糸目を付けずに希少価値のあるキットを収拾する人を揶揄してコレクターといい、製作するつもりで購入するが、そのペースに製作ペースが追いつかない人が、自らを自虐的にストッカーと呼ぶ場合もある。”

だそうです。
私もストッカーからの脱却を目指して、頑張るぞ~。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-26 13:10 | 雑記・雑感
まだまだ、仕事中。
さて、ず~っと缶詰状態が続いております。
本日は家に帰れるのかナァ。
模型を作れない欲求不満の解消に、ちょいとblogでも弄ってみました。
なかなか面白いですな。
え?
何処も変わってない?
そんなことは御座いません。
ほんのちょっぴり味付けをしましたよ。(笑)
気に入って頂ければ幸いです。
ん?
イメージの色では無い?
う~ん。
リクエストにもお答えしますか。




ベッドで寝たい、イージスでした。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-25 14:43 | 雑記・雑感
仕事中。
はい。
未だ仕事中でございます。
本日は帰宅も出来ず、缶詰状態。
はぁ。
てなことで制作も出来ません。
今週中は久方ぶりに制作は無理なようです。
折角、いい感じで制作意欲が湧いていたのに残念です。
まぁ、たまには休憩もとらねばということで。
あまり根をつめてやると、モチベーションも下がるし、丁度いい休憩ということにしておきます。

どうでもええけど、ちと眠いです。
では、では。
[PR]
by aegis_of_aegis | 2005-02-25 03:50 | 雑記・雑感