気になる存在。
仕事で家にも帰れず、模型に触れなくて欲求不満な日々でございます。
仕事の合間にモデラーさん達のサイトを覗いて模型制作のモチベーションを高めているのであります。

昔のように新製品が出たり買いたいものは即購入みたいなことが出来なくなって久しいのですが。
そんな状況なので、必然的に買うものは吟味してから買うことを強いられるわけでありますね。
で、今後購入したいキットをつらつらと考えておりました。

1番はドラゴンの1/35 Ⅳ号E型。
これはぜひに欲しいです。
2番はタミヤの1/35 Ⅲ突B型。
いまのところ是非に購入しようとしているものはこの2点ですね。
でも、実はこの2点以外にものごっつう気になるキットがあるのですねぇ。

それは。

ドラゴンの1/35 ドイツ歩兵 コルスン ポケット1944 なんですねぇ。
勝手にリンク貼っちゃいましたが(笑)
なんでもジェネレーション2という名称も与えられております。
凄いです。
正に、同社のTIGERⅠ後期型のフィギュア版でありますよ。
細部のディテールもさることながら、肩章やバックルのエッチングパーツ。
顔なんて無精ひげまで彫り込んであります。
ま、これは入りませんが。(笑)
フィギュア大好きの私としてはこのキットは是非に押さえて置きたいです。
そして今後リリースされるフィギュアのセットは全てこのクオリティで出して欲しいですなぁ。
もちろん、ドイツ兵だけでは無くて、米、英のものも。
是非、米、英のフィギュアも。
クドイですが(苦笑)

なんてこと言いながら、まだまともなフィギュアの制作記事もアップしていないのでありますが(汗)
フィギュア制作したい熱は日ごとにヒートアップしている今日この頃であります。
もちろん、その際に使用する塗料はセラムなのですね。
早く作りたいですなぁ。
と、言いながら実際に時間が出来た時に手が動くかといえば・・・・・・・・。
それはまた別のお話。
って、駄目じゃん。(爆)
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-09-10 15:48 | 模型なお話し
”任務”という写真集。
c0034902_16372222.jpg

さて、遂にハードな仕事週間に突入しました。
23日まで続くヘビーロードでございます。
とは言え、手を回して部下をちょいと増やしたので少しは楽できるかも(笑)
ということで、もちろん仕事中です。
先が長いので、少しは息抜きもね。
ということで、本題です。

最近出版された宮嶋茂樹氏の写真集です。
イラクはサマワでの自衛隊の活動の記録であります。
「本屋で見かけたこんな写真集が欲しいなぁ~」
と、うちの奥さんの耳元で囁いていたら数日後に宅配便で届きました。

資料としても中々でございます。
隊員の方々の任務している時の真剣な表情と地元の人々と接している時の笑顔が素敵でありますよ。
模型的に見れば個人装備や車両のデティール、それにイラクの土の色や空気が伝わってきてジオラマの参考になりそうです。
写真のキャプションは宮嶋氏自ら書いて居られるます。
制約もあるのでしょう、部隊名等は一切ありません。
ご存知の方ならば解る、不肖宮嶋節が炸裂しております(笑)
なので、模型的にはあまり役には立ちません。(爆)

しかし、良いお仕事をされています。
宮嶋氏の写真集は初めて拝見しましたが、ファンになりました。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-09-08 16:57 | 読書なお話し
かっちょいいヤツ。
c0034902_13112066.jpg気が付けば9月。かなり更新をサボってしまいました。(汗)
こんなに間が開いたのはblog開設以来かもしれません。おまけに今月はもう少ししたらハードジョブ週間がやってくるので、制作記事の数も史上最低になる予定であります。
制作のほうはサボっていたわけではありません。
ちょこっとづつは手を動かしています。
アキリーズはちょっと塗装待ちの放置中ですが。
パンターDはここまできました。
ディテールアップは無しの素組み。とはいえ、ちょこっとだけ目に付くところはチマチマとやっております。
エッチングはエンジンルーム上の網のみ。そして定番?の溶接後。

c0034902_13181917.jpgそいでもって、ボッュライトを車体右側に追加。
何故かこのドラゴンのキットには右側に付ける指定も無いし、当然車体のほうにも取り付け位置のガイドはありません。
生産時期の違いで片側と両側にあるのは知っておりましたので、手元にある数少ない資料と本屋での立ち読みで調べると、クルスク戦時の写真に出てくるのは殆んどが、両側に付いているのですね。
キットのほうの部品にはちゃんとふたつのライトがあるので、それを無理矢理付けました。

c0034902_1334154.jpg後は排気管に異物混入防止棒を以前、AM誌の土居氏が行っていた伸ばしランナーでやる方法で工作してあります。
さて、塗装をちょいと悩んでおります。
いや、当然まだ車体も転輪も接着はしていないのですが。
戦車塗装の王道、全部組み立ててから塗装するか、バラして塗装するのかでありますよ。
アキリーズが仕方なく分解塗装していますから、こちらは男らしく(謎)一気に組んでからやっつけようか悩ましいところです。




それにしてもこのパンターは、やはり格好いいですねぇ。
実は私、昔から全然興味のない車体だったのですけれどね。
ドイツ車両ファンの中でもあまり人気が無いような気がしていたのですけれど。
それは格好が良すぎるからなのでしょうか。
私は惚れましたよ。
キットが良いからなのかもしれませんね。
同じドラゴンの虎Ⅰとはまた違う意味でのとても良いキットだと思います。
まだ完成させてもいないのに、感想も変かもしれませんが(苦笑)
ほんと作りやすいです。
説明書に若干解りにくいところもありますが、それほど苦にはなりません。
私のようなリハビリモデラーや最近模型を始めた方なんかにはもってこいの素材かと思います。

さて、そんな中、ようやく田宮さんちのサイトでⅢ突B型の正式な発表がありましたね。
と~ても楽しみです。
一気にふたつみっつの新作発表も期待していたのですけれど。
ま、それは無理というものなのかもしれませんなぁ。
しかし、新製品が出るだけでも嬉しいのであります。
いつもながらのタミヤスタンダードでくるのか、はたまた何か仕掛けてくるのでしょうか。
いずれにしても良い出来であることは予想できますね。
というか、そうであって欲しいものです。

ところで、その田宮さんちのサイトを覗いていて目にしたのが、吉岡和哉氏の1/48のジオラマですよ。
素晴らしいですねぇ。
あのジオラマを見て、1/48への制作意欲がまた少し沸いてきました。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-09-05 13:59 | AFV
塗料を考える。
c0034902_01026.jpg

疲れが中々取れないイージスです。
模型制作のモチベーションも下降気味。
こんな時は焦らず、元気が戻るまで無理をしないことにしております。

で、手を休めながら塗料についてつらつらと考えております。
特にフィギュアの塗装に使う塗料なのですけどね。
油彩はいろんな理由で最初から却下。
それで、前から気になっていたのが、デルタのセラムコートなる水性塗料です。
水で溶けて、ほぼ完璧な艶消し。
以前から拝見していたkurukuruさんのblogで最近アップされた記事でロシア戦車兵の完成写真が素晴らしかったのですね。
私の好みにモロにヒットした塗装のフィギュアでした。
これこれこの感じってくらい素晴らしいのです。
その作例では顔はエナメルを使用されたようですが、服の方はセラムなんですね。
いつもは全てセラムコートで塗装されているそうな。
やっぱり、一度試したいなぁと思いましたよ。
で、お値段とか使用感とかネットで検索していたのですが。
ふと、気が付いたことがあったのですな。
そう言えば、うちの嫁様は以前にトールペイントなるものをしておったよなってね。
トールペイントでよく使うのもセラムコート。
それで、もしやと思って聞いたのですよ。
「なぁ、セラムコートって知ってるん?」
「え?ああ、セラムやったらぎょうさん(沢山の意)あるよ~。」
「へ、ど、どこに?」
「ほれ!」
ということで、ありました。
こんな近くに宝の山が(笑)
なんだか、とても嬉しいのでありますな。
どんな色があるか、じっくりと調べてみたいと思います。
そして、アキリーズとパンターのフィギュアで試してみますね。

もうひとつ、気になっているのがVallejoのMODEL COLORです。
こっちの使用感はどんなものなんでしょうか。
こちらも気になりまする。
いろいろ考えていると、少しずつモチベーションが上がってきますね~。
ぼちぼち頑張ります。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-30 00:36 | 模型なお話し
ようやく。
仕事の先が見えてきました。
と、言ってもまだまだ帰れそうにないですが。
う~ん。
11時頃までかかるかもしれませんな。

さて、このblogの容量は30M。
もう直ぐ半分の容量まできそうです。
どうしたものか。
お金を払って無制限にするか。
容量の大きい他のblogに引っ越すか。
はたまた、同じexcite内にもうひとつ立ち上げるか。
画像庫のような使い方でもうひとつというのも、いいかもしれませんな。
悩ましい限りであります。

もう一頑張りしてきます。
ふぅ~。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-26 06:26 | 独り事
D型始動。
c0034902_037854.jpgアキリーズのサフ吹きました。このままバラバラで塗装を開始します。車体内部の塗装が上手くいきますか。ちと、心配です。

c0034902_041568.jpgそして、D型の制作も開始します。
D型と言っても、巷で噂のヤツではありません。
ドラゴン1/35パンターD型です。
とっても組み易そうな、良いキットです。
なんだか直ぐに組みあがりそうな勢いを感じます。
で、実際はそうもいきませんが(苦笑)
組み易くて、細かい所のツボを押さえたキットですね。
何時ものようにサクッと仕上げていきまする。

実は来週の一週間は久しぶりのハード週間になります。
前半は家にも帰れず、缶詰状態になる予定。
おまけに殆んど眠れないときたもんだ、です。
PCは持って行きますから更新はしようと思えば出来ますが、模型を作れないのが痛いです。

そして、新しくリンクさせて頂いた方のご紹介。
北国の筆塗りモデラーと言えば、この方です。
おとしぶたさんです。
前からリンクのお願いをしようと思っていたのですけれど、よい機会がありましたので。
飛行機からAFVジオラマ。
味わいのある筆塗りです。
あのScaleAviationにも作品が掲載されました。
そして、先月開催された第3回北海道AFVの会で、ジオラマ部門の金賞も受賞されてます。
制作記もさることながら、小技や以外な便利グッズも、とても参考になります。

そして、私のヴィネットでお世話になった、絵本作家のときた ひろし先生がblogを開設されました。
その名も元刑事の 叫べ ! 独り言 !!です。
御本人の日々の思いやご趣味のことを綴られております。
こちらも是非。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-21 01:18 | AFV
仮の姿。
c0034902_12313734.jpgAFVクラブ1/35アキリーズ。
その後であります。
ちまちまと作業を進めておりますが。
なかなか形にならないので、飽きてきたので仮組みしてみました。
指で弾けば、あっという間にバラバラになります。
秋刀魚の開き状態ですな。

c0034902_1232113.jpgなんだかちゃんと砲塔が回る中型の車体は久しぶりのような。
格好よろしいですな。
まだまだ細かい作業が続きます。
車体の微調整というか修正やら、装備品の選択やら、それにフィギュアも。
まだ、もうひとつの制作にかかるのは控えた方がいいみたいです。
今の状態でもうひとつに手を出したら、こちらの作業が止まってしまうかもしれません(苦笑)

c0034902_12322888.jpg元来、計画性の無い私ですが。
このアキリーズはちゃんと計画を立てて塗装しないと駄目ですな。
さて、どうしましょうかねぇ。
なるべく効率良くやりたいものです。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-16 12:45 | AFV
ArmorModeling誌 Vol.71 雑感。
まず、最初に。
え~~~~~~。

予てより噂のあった、田宮さんが2005年プラモデル・ラジコンショーで1/35で何やら、新たな動きがあるっていうやつ。
今月のAMニュースで小さく告知されておりますね。
1/35Ⅲ号突撃砲B型。
・・・・・・・・。
嬉しいような悲しいような。
ドラゴンのものと作り比べか、二両並べてジオラマか~。
う~む。
B型以外の短砲身にしてくれれば良かったのに(笑)
しかし、1/35はこれだけなのでしょうかね。
今後の発売予定とかも発表されれば嬉しいのですが。

さて、今月の特集は現代欧州戦車事情。
それほど、興味がある特集ではありません。(爆)
申し訳ありません。

巻頭の矢野広宣氏の「IRON LADY~鋼鉄の淑女~」
圧巻でありますね。
相変わらす素晴らしいお仕事であります。
レオポルト本体もさることながら、バックの工場内部の壁面が素晴らしいです。
油の臭いが漂ってきそうですね。
女子通信兵?もナイスです。

荒木 智氏の悪役1号。
いいです。
豚さんの兵士。
もちろん悪役1号も。
そして、ベースの土台。
樽ですかぁ。
Goodです。

SWASH DESIGNの1/35BMW R12のメタルキャストキット。
いいですね、これ。
ちょっと興味がでてきました。

平田 英明氏。
ONE LOVE!

て、今回はなんだかスルー読みで(汗)
仕事の合間のレポートでした~。
うしし。
次号の特集は三二スケール。
う~ん。
ちょっと微妙。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-14 11:47 | 雑記・雑感
アキリーズ、ちょっと更新。
c0034902_0324313.jpgアキリーズでございます。ステン機関銃です。
イギリス兵から大不評だったこのサブマシンガン。
性能はともかく、私は好きです。
特にこのMark2はいいですね。
スリングはかなり手抜きですが、あったほうが雰囲気が出るかなとおもいまして。
砲塔内部に常備してあるようですが、その固定方法がよくわかりません。
恐らくは銃身の方はベルト止めで、ストック側はラックに掛けていたと思うのですが。
今回はデッチアップで(苦笑)

c0034902_0534373.jpgそして、車体全面です。
ディテールアップとまではいきませんが。
目立つところだけ少々。
素組みの範疇でありましょう。

さて、AFVクラブのアキリーズ。
私は好きです。
モールドもなかなか。
ちと、細か過ぎるのがたまにキズ。
しかし、オープントップの車両は作業の進展が遅いです。
面倒くさいです(笑)
組み上がってから、もうひとつの制作に取り掛かろうかと思いやす。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-11 01:02 | AFV
さぁ、次行ってみよ~。の、その前に。
c0034902_23432016.jpg
完成後の一服もそこそこにしないと、そのまま爆沈しそうなので、そろそろ再始動です。
製作途中のアキリーズをやっつけましょう。
もちろんサクッと仕上げる予定でありますが。
失敗しちゃった箇所があります。
ヘッドライトガードを薄薄攻撃したまではよかったのですが、ランナーから切り離す時にやってしまいました。
切るとこ間違えました。(爆)
短すぎたわけで。
なんとかプラ板で継ぎ足して、誤魔化そうかなとも思いましたが。
お手軽にエッチングで逃げることにしました。
で、eduardのガードだけのものと、ついでに同時に制作を始めるもの用にvoyagerのものを。
必要最小限でリーズナブルに、そして簡単に(笑)
同時進行はあの大戦車戦で散々なデヴューを飾った、格好いいあいつです。

さて、今後の模型制作の指針をつらつらと考えておりました。
blogとの係わりもあるので、同時というか若干の時間差で、単品作品を2つほどやりながら、裏で、ヴィネットかジオラマを一作。
その合間にイレギュラー他ジャンルのものもあるかも。
みたいな感じで進めていこうかなと思っております。
単品もジオラマも基本は素組みでガシガシいきます。
元来、超絶なデティールアップは苦手なもので。
でも、そのうちはやりますよ~。(笑)
暫くの間は作ってなんぼ、完成させてなんぼの精神でやっていきます。
年間何作と言うところまでは決めずにやろうかと思っています。
こうやって、ある意味自分のお尻を叩くのもいいのですけど、あまり叩き過ぎても挫折しかねませんので。
程ほどにということで。

因みに。
家に帰って、手持ちのエッチングセットの中に、ファインモールドのシャーマン用エッチングセットがありましたとさ。
・・・・・・・・・・がっくし。
ちゃんと在庫管理しないとだめですなぁ~。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-08 00:19 | AFV
「九番目の戦車」より ”再会” 完成。
ときた ひろし著「九番目の戦車」より。
”再会”完成とさせて頂きます。

長かったですなぁ。やっとこさであります。

まだまだ未熟ではありますが。
満足しております。
私だけでしょうけれど(苦笑)

反省点も多々ありますが、次回への教訓とします。
今回は絵本から題材を頂きました。
著者であります、ときた ひろし先生には、絵本からの引用を快く承諾してくださったことを心より感謝しております。
益々のご活躍をお祈りして。

おまけ。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-04 15:46 | AFV
画像の処理と加工。
もう、8月ですね。
毎日、暑い日が続いております。
夏バテに気をつけて頑張りましょう。
と言う事で。
ようやく、九五式軽戦車のヴィネットは、完成目前まで漕ぎ着いておりやす。
完成してからお披露目しようかと思っておりましたが。
小さい写真で少しだけ。

c0034902_1315475.jpg
戦車本体の固定なんですけど、今回は思い切り簡単バージョンです。
ベースにバインド線をマスキングテープで固定。当初はステップル(コの字の釘)で固定しようかと思ったのですが、ベースが割れるのが怖くて、簡単にしました。
紙粘土が硬化した後の強度は物凄く不安ですが、持ち運ぶことも無いのでよしとしました。
c0034902_132931.jpg
ひたすら田植えの図。
この前、購入した田植え工具が物凄く威力を発揮してくれました。
これが無ければ、死んでましたね~。(爆)
c0034902_1322099.jpg
ジンゴさん。
「久しぶりだなぁ、たんくろう。」の図。

まだ、これから長すぎる草のカットや最終の微調整が少々、残っております。
完成したら大きめの写真でアップします。
それから、素の写真とは別に少し加工した写真にもチャレンジしようかなと思っております。
今回は背景ぐらいしか考えていませんが、違和感のないように加工できればいいかなと。
デジタルカメラを使用しだした頃から、考えていたのですよね。
でも、なかなか実行に移すことが出来ませんでした。
画像処理のソフトはPHOTOSHOPの廉価版をよく使ってました。
今回そのElementsのバージョンが3にアップしたそうなので、購入しようかと下調べしていたのですね。
そうしたら、どうも今一評判が良くないのですな。
機能的にはそれはもう問題なく優れているのですけれど、どうも重たいそうなんですね。
起動が特に。
それに動作ももっさりしているとのこと。
ま、遅いのは我慢出来ますから、いいかなぁと思っていたところへとっても興味が湧くソフトを発見しました。
定価が激安でしかも機能もバッチリ。
今はそちらに傾いております。

デジタルカメラの進化で情景写真という楽しみ方の幅が広がっている気がします。
完成した後の楽しみとして大いに期待している、今日この頃でございます。
でも、その前にもっとジオラマやヴィネットを、完成させなければいけませんねぇ。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-08-02 13:34 | 模型なお話し
ちょこっと、更新。
c0034902_13153017.jpgいやぁ、かなりの久々に更新であります。
あまり捗ってはおりません。
今週いっぱいは5時起床が続いている中、奥様が風邪でダウン。
泣きっ面に蜂です。
もう、眠い眠い。
で、手が動きません。
言い分けはこれくらいで(苦笑)
ジンゴさんの塗装は終了。
「たんくろうを見上げる」の図です。
今回のお顔の塗装はかなり絵画チックにしたつもりです。
いつもならばもうちょっと、写実的にするのですけどね。

c0034902_1316251.jpgほいでもって、ベースにニス塗りであります。
お手軽ヴィネットにします(笑)
ベースに盛る土は例の100均紙粘土の予定です。
木屑?が原料のベージュ色のやつです。
そして全面、草を植えて完成の予定。
う~ん、簡単、簡単。
・・・・ほんとかな。(爆)
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-07-30 13:27 | AFV
もうひとりの主役。
c0034902_10163611.jpg暑い日が続いております。
皆様は如何、お過ごしでしょうか。
さて、更新の方が捗っておりますねぇ。
とは、いえ、少しづつではありますが、手は動かしております。
九五式軽戦車のヴィネットに出演するもうひとりの主役。
元帝国陸軍戦車兵、「ジンゴ」さんであります。
いや、やはりフィギュアは難しいのであります。
造形も塗装も。
おまけに今回は元になる絵がありますから。
この辺が今の私には限界かなぁ。
似てねぇ~(爆)
元絵に比べると、お顔のほうがちょいと下ぶくれかなと思っております。
それにしても、実際の人物を写真だけ見て、似せて作る技術は相当なものですねぇ。
造形師さん達の技術には感服いたします。
それに塗装も。
今回はエナメル塗料のみでチャレンジしておりますが、限界かな。
やはり、油彩とか違う塗料でやらないと難しいですかね。
しかし、頑固にエナメルで攻めてみたいのであります。
ヘンコもんなんですねぇ(苦笑)

暫くはこの更新ペースになると思います。
8月中旬までにはこのヴィネットを完成させたいので、この一本に制作を集中するつもりです。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-07-23 10:36 | AFV
なかなかやるじゃない。
夏、真っ只中。
なかなか気力が上がらない今日この頃でございます。
そんなわけで。
ストレスも溜まっているのかなぁ、なんて思うわけですな。
物欲のストレス。
少し解消でもしようと、久しぶりに模型を買ってみました。
日頃やらない、今日のお買い物のコーナーです。
c0034902_19244959.jpg買いました。巷で評判の良い、トランペッターさんのKV-2であります。
いや~、正直トライスターの4号と悩んだのでありますが。
作り易さで今回はこちらにしました。
第一印象は、良いですねぇ。
キャタピラがベルト式と組み立て式の2種類ついておりますね。
なんと組み立て式の方は上部転輪にくるところが垂れ下がって波打っております。
やりますねぇ。
気に入りました。

c0034902_19363119.jpgほいで、ついでに田宮さんちのエッチング関連の工具をふたつ。
これからの必需品ということで。

これで、少々ストレスの解消にはなったような気がします(笑)
後は気力をアップして頑張りますか。
[PR]
# by aegis_of_aegis | 2005-07-18 19:40 | 模型なお話し